早朝登山で身も心もリフレッシュ

ここは六甲山の麓。
昔から、早朝登山を楽しんでいる人が大勢おられました。私も子供のころ父について行き、朝の冷ややかだけどさわやかな空気を吸って、気持ちいいなぁと感じていたものです。
仕事の都合で、しばらく他県に住んでいましたが、またこの地に戻り、昔 父が日課にしていた早朝登山を、私もやってみることにしました。

さすがに雨の日はお休みしますが、展望台まで登り、軽く体操をして帰ってきます。坂を上って行くのは、初めは息切れするし、ただただ苦しいだけでした。知っている人もいないし、なんで始めたんだろうと最初のころは楽しくもなかったです。

しかし、すれ違う知らない登山者にも「おはようございます」と声を掛け、そのうちに顔見知りの人となり、息切れも段々しなくなってくると、楽しさの方が増してきました。

時には滝にも寄り、マイナスイオンを浴びながらリフレッシュしています。自然のなかにいると、世の中のしょうもないことなんか忘れ、さわやかな気分になれます。この冬も風邪一つ引かず、穏やかに過ごせたのも、早朝登山のお陰かなぁと思っています。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ