携帯電話があるときとないときの生活の違い

わたしは数日前に、携帯電話を落として壊してしまいました。
機能自体は壊れていなさそうなのですが、液晶が映らなくなってしまって、画面を見ることができなくなってしまいました。

それで今は携帯電話を持っていない生活をしています。
今まで、人との連絡はもちろん、時計も予定表もメモ帳も鏡まで携帯電話に頼ってきていたので、最初はどうなることやらと不安でしたが、意外と不自由なく過ごすことができていて、少し驚いています。

良い機会だと思うので、携帯電話があるときとないときとで、生活にどんな違いが出てきているかを考えてみることにしました。
まず朝は、携帯電話を持っていたときは、起きたらすぐ手にとって時間を確認していました。

ついでにSNSやパソコンメールのアプリを開いて、連絡などがきていないかチェックをしていました。その後、朝ごはんを食べ終わってから、ゲームのアプリを開いて遊んでいました。
それからカレンダーのアプリを開いて、今日やることをチェックしていました。

その後、文章を書く仕事を始めるのですが、それすらメモ帳のアプリを使って進めていました。
途中、観たいドラマの時間に合わせて休憩をとっていました。
休憩中もドラマを観ながら携帯電話は手放さないで、インターネットの情報サイトを読んだり、SNSやゲームや英語の勉強のアプリをいじっていました。
ここまでが携帯電話を持っていたわたしの午前中の様子です。

一方、携帯電話を持っていない今のわたしはというと、起きたら時間を確認するためにテレビをつけます。
その後、朝ごはんを食べて、パソコンを開いて文章を書く仕事を始めます。途中、観たいドラマの時間に合わせて休憩をとります。
ここまでが携帯電話を持っていないわたしの午前中の様子です。

午後の様子の違いを見てみます。
午後、携帯電話を持っていたときのわたしは、お昼ごはんを食べ終えてから、食休みも兼ねて、携帯電話を手にとって、ゲームのアプリで遊びます。
それで「仕事しなきゃな」と罪悪感を感じ始めたあたりから、メモ帳のアプリに切り替えて仕事をします。

午後も観たいドラマの時間に合わせて休憩をとります。
そのときにもやっぱり、ドラマを観ながら携帯電話を片手に、インターネットのサイトやSNSのアプリを開いてのぞいたり、ゲームのアプリで遊びます。

知っていましたか?

  • 女性ならもちろん気になる全身脱毛ですが、物凄く料金が高いというイメージを持ってしまっていませんか?初回限定のキャンペーンなどを利用してお得に脱毛をするための情報の紹介です。→コチラ

あると常に触っている

休憩後、またメモ帳のアプリを使って仕事を再開します。その後は仕事を終えてからも、寝るまでSNSやゲームや英語の勉強など、何かしらのアプリを開いています。

これが携帯電話を持っていたわたしの午後の様子です。
一日全体を通して見てみると、ごはんのときと眠っているとき以外、ずっと携帯電話を手にしていたということになります。

じゃあ携帯電話を持っていないときのわたしは、午後をどんなふうに過ごしているかというと、お昼ごはんを食べ終えてから、食休みも兼ねてテレビを見ます。

それで「仕事しなきゃな」と罪悪感を感じ始めたあたりから、パソコンを開いて仕事を始めます。観たいドラマの時間に合わせて休憩をとります。
休憩後、テレビを消して仕事を再開します。パソコンからでも、ちょくちょくメールのチェックをしたり、SNSをのぞきます。
夕ごはんを食べ終えて仕事も終えたら、テレビを観て寝ます。
書いてみるまで自分でも気づかなかったのですが、携帯電話を持っているときよりも持っていないときの方が、だいぶシンプルに過ごしています。さぼり癖は、たいして変わっていないようですが。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ