元トレーナーが教える効率よくカロリーを消費する方法

身体に脂肪が溜まっていき、たるんだボディになってしまう原因が分かれば、どんなトレーニングを積極的に選択すればいいのかおのずとみえてきます。
トレーナーをしていたときよくお客様に、(摂取カロリー)?(消費カロリー)の図式で太るメカニズムを説明していました。前述の式で答えの数値がマイナスになれば摂取カロリーが足りないため、人間は身体に溜まっている脂肪をエネルギーに変えて生命を維持します。反対に答えがプラスになると、摂取したエネルギーを消費しきれなかったため、余ったカロリーは脂肪として身体に蓄積されていきます。

これが太っていくメカニズムなのです。この理論からいうと消費カロリーを増やすか、摂取カロリーを減らせば太りずらいことがお分かりかと思いますが、摂取カロリーを無理矢理減らす不健康なダイエットはお勧め出来ません。元トレーナーのわたしがおすすするのは、効率よく消費カロリーを増やす方法です。

人間は、筋肉を動かす事でカロリーを消費します。そして、動かす筋肉が大きければ大きいほど、消費するエネルギーも大きくなります。ですので、効率よくカロリーを消費するためには身体の中の筋肉で一番大きい太ももの筋肉を動かす必要があります。太ももを鍛える種目の代表と言えばスクワットですよね。ぜひ、長い時間かけてランニング、ウォーキングするよりもスクワットをして効率よくカロリーを消費しちゃいましょう!

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ